トップ / 不動産と登記制度に関して

不動産と登記制度とは

不動産と登記制度に関して

不動産評価の情報

不動産の登記情報を確認するには 

住宅やマンションなどの不動産を所有した場合は必ず所轄の法務局に登記を行う必要が有りますが、その際に注意しなくてはいけない事はその情報は所有者かまた所有者の直系の親族しか情報を確認出来ませんので、基本的には第三者は委任状が無い限りは確認できない様になっています。もう一つの注意点は不動産の情報を確認するには住所ではなく地番で調べないと登記情報は確認できませんので、情報確認する時には事前に購入先などで地番を教えてもらう等地番を調べてから、法務局に問い合わせる等をしないと情報は得る事は出来ませんので注意しなくてはいけません。

不動産と登記制度について 

土地やビルや家屋などを一般的に不動産と言います。動かすことが出来ないので、そう呼ばれるものなのですが、それ故にそれの所有権を得るために登記と呼ばれるものが必要になってきます。土地などであれば、その土地がどの程度の広さで誰の所有物なのかと言ったことを、不動産登記をすることで明確にすることが出来るようになります。ちなみに、それを行うための手続きについては、法律により定められており、それを行う為には制度に基づいて手続きをしたりする必要があります。そして、手続きをして帳簿に記録されれば晴れて自分の所有物になるのです。

不動産,評価

© Copyright 不動産の評価方法に関して. All rights reserved.