トップ / 不動産会社の仲介業務とは

不動産会社の仲介業務

不動産会社の仲介業務とは

不動産評価の情報

不動産仲介と宅地建物取引業法 

不動産会社の業務のうち、物件の仲介や売買など流通をともなうものを宅地建物取引業と呼んでいます。この宅地建物取引業は宅地建物取引業法という法律の規制を受け、宅建業は免許制で営業しています。よって、売買や仲介の業務を行なうためには不動産会社はその営業の規模によって国土交通大臣あるいは都道府県知事から交付される宅建業の免許を受けなければなりません。ふたつ以上の都道府県に本支店や営業所を置く場合は国土交通大臣から免許を交付され、ひとつの都道府県で営業している場合はその都道府県知事の交付する免許で営業をしています。

不動産会社の仲介業務は免許制 

不動産会社ではいろいろな業務を行なっていますが、そのうち土地・建物の売買や賃貸物件の仲介など流通にまつわる部分の業務を宅地建物取引業いわゆる宅建業と言います。宅建業は宅地建物取引業法の規制を受けていて、不動産会社は免許を受けてこの業務を行っています。宅建業の免許は交付元が2種類あります。国土交通大臣交付の免許と都道府県知事交付の免許です。この違いは、免許を受ける会社の本支店の設置状況によります。ふたつ以上の都道府県にわたって本店や支店をおいていれば国土交通大臣から免許をもらい、ひとつの都道府県で営業している会社は都道府県知事の免許を交付されます。

不動産,評価

© Copyright 不動産の評価方法に関して. All rights reserved.