トップ / 相続税対策のツボとは

相続税対策のヒント

相続税対策のツボとは

不動産評価の情報

不動産の相続税対策を行う 

不動産を所有されている方で相続税対策をお考えなら、節税のためによい方法があります。それは賃貸物件にすることです。具体的には、土地に賃貸用の住宅を建設すれば、貸家建付地として評価され、相続税評価額を大きく下げることができるからです。もちろん、賃貸向けの住宅を建設するためには費用が掛かりますが、例えば駅に近い好立地の物件であれば一定のニーズがあります。物件の価値を高めることで、空き室リスクを減らして家賃収入アップを目指すこともできます。不動産の相続税対策で賃貸経営ほど効果的なものはありません。

みんなで大家さんになろう 

みんなで大家さんになろうと提案をすることがありますが、これはどのような事かと言うと、大家さんになって安定した老後を迎えようという意味です。若いうちは定職に就き、好きな事をして楽しく毎日を過ごす事が当たり前になっている人も多いものですが、年齢を重ねて定年退職をしたりすると、貯金をしっかりとしていなければ、年金生活となり不安定な暮らしをする事もあるからです。しかしマンションを持っていれば、毎月のように安定して家賃が入ってくることになるので精神的なゆとりにもつながります。ですからみんなで大家さんになりましょう。

© Copyright 不動産の評価方法に関して. All rights reserved.